ライフスタイル

地産地消のメリットは生産者だけ?消費者や環境面のデメリットも調べてみた!

地産地消のメリットは生産者だけ?消費者や環境面のデメリットも調べてみた!
Pocket

地産地消とは、地域で生産された農産物をその地域で消費することによって、農業関係者と消費者を結びつける仕組みの事です。

スーパーへいくと、外国から来た野菜や国内産でも遠くから運ばれてきた野菜がいっぱい並べられています。

どうして、地元で作られた野菜が少ないのだろうと思ったりしたことがありませんか。

最近では、地元で採れた新鮮な野菜のコーナーがあるスーパーもあります。

消費者にとって、地産地消は安心して新鮮な野菜が安価に購入できるメリットがあります。

デメリットは消費者が感じることは少なく、主に生産者が感じることが多くあります。

また、輸入元の国が不作になってしまったり、戦争などの情勢によって輸入ができなったりすると途端に食糧不足になってしまうことも考えていかなければならない時代です。

将来の事を考えると消費者は、生産者をしっかりと応援していかなければいけませんね。

消費者と生産者、それぞれにとっての地産地消のメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

地産地消のメリットとは?

地産地消のメリットとデメリットとは‼家庭でできることは?

消費者は、「生産者の顔が見える」ラベルを見て、読んで、生産農家の顔だけでなく、栽培にかけるこだわりや品種の魅力、自分の暮らす地域の農業の姿の一端を知ることができます。

結果としてリピーターになる消費者が増え、生産者は直売所への出荷時などに消費者のリアルな声を聞き取ることができます。

スーパーのような一般的な小売店では、規格に合った商品以外は販売できません。

直売所や道の駅なら、規格外の野菜や果実を加工して販売ができます。

生産者は、栽培した農産物を余すことなく販売ができるのです。

 

消費者のメリットは

身近な場所から新鮮な農作物を得ることができる。

最近では生産者の顔写真や名前、農薬の種類も書かれたラベルが袋に貼られているので安心感が得られる。

生産状況を自分で確認できる。

地域ならではの生産物を知ることで地元独自の調理法や食文化を知ることができる。

 

生産者のメリットは

消費者のニーズを的確にとらえた効率的な生産を行うことができる。

輸送コストが抑えられる。

直売所は、委託販売が多いため、生産者は流通側の規格に縛られず自由な形で農産物を販売することができる。

不揃いな野菜も販売しやすい。

 

環境面のメリットは

食の流通にはフードマイレージという考え方があります。

簡単に要約すると、生産者から消費者(食卓)までの距離が短ければ短いほど環境への負担が少ないという考え方です。

輸送にかかる燃料や二酸化炭素の排出量を削減できる。

地産地消は、SDGsの取り組みとしても注目されています。

 

地産地消のデメリットとは?

地産地消のメリットとデメリットとは?家庭でできることも紹介!

消費者の地産地消のデメリットはほとんど感じることがありません。

地産地消のデメリットは主に生産者が感じることが多くなります。

生産者は、消費者と近い場所で農作物を販売できるので消費者ニーズを把握しやすいということですが、生産者は生産スキルだけではなく、販売戦略・品質管理など様々なスキルを求められます。

地産地消を成功させるためには、消費者ニーズに答えた農産物などを販売することの他に品質管理の徹底や販売戦略を練ることが重要になります。

 

地産地消の生産者のデメリットは

直売所での販売は基本的に農産物を搬入するのは農家自身で、商品のパッケージングから搬入、そして売れ残った商品の回収までを一貫して農家がしなければなりません。

生産以外の作業負担が増えるわけです。

安定的に売れれば出荷から販売・代金回収までのコストはあまり負担になりませんが、売れない場合はコストが重くのしかかります。

出荷や販売、品質管理や宣伝活動など農産物の生産以外の能力が求められます。

 

地産地消の生産者のデメリットに対する支援がある

出荷・販売にかかるコストや作業負荷を軽減するため、直売施設や集荷出荷システムの整備など設備面での政府による支援もあります。

地産地消を推進するリーダーやコーディネーターなどの人材を行政・地域が協力して育成する支援もおこなわれています。

 

地産地消で家庭でできることは?

地産地消のメリットとデメリットとは‼家庭でできることは?

加工食品や冷凍食品は、便利で本当に助かりますね。

だけど、その原料は輸入に頼っている場合が多いのも事実です。

地産地消を意識することで、食料自給率にもいい影響が出てくるのではないでしょうか。

ご飯を中心に地元で採れた野菜たっぷりのバランスの良い食事をする。

今が旬の食べ物を食べるとか、地元の食べ物を応援するように意識する。

それと、残さず食べて、食べ残しを減らしましょう。

地元で採れた食べ物に感謝の気持ちも忘れずにいたいものですね。

 

産地を確認し地元産の野菜を積極的に買う

新鮮で旬の美味しい野菜は栄養価も高いものです。

いつも行くスーパーで地元産の野菜がないかチェックしてみましょう。

購入する野菜をすべてを地元の野菜にすることはできませんが、国産のものや近い県のものを無理なく生活の中に取り入れていきましょう。

産地を確認していくことも大切なことですね。

 

ファーマーズマーケットや産直市場を利用する

その地域ならではの伝統野菜や伝統食が出回ることも多く、地元の事を知るチャンスにもなります。

生産者の方とやり取りすれば、生産者の想いや苦労も知ることができます。

消費者は、真っ直ぐなきゅうり、同じ大きさのジャガイモ、見た目きれいなものを選んでばかりしてきましたが、本来自然な形は曲がっていたり、大小があるものです。

規格外で売れずに廃棄されることの無いように、形は不ぞろいであっても味はかわらない、美味しく食べてフードロス削減をしていきましょう。

 

まとめ

地産地消のメリットとデメリットとは‼家庭でできることは?

できる限り、その地域で育てられた野菜をその土地で暮らしている人が消費していくことを意識した日常生活を送る。

地産地消のメリット、デメリットも理解して地域で地域を守っていく、その広がりを大切にしていけたらいいですね。

家庭菜園で野菜作りを始めてみるのもいいですね。

作物を育てて、食や自然のかかわりを持つ事で作物の命の尊さを知り、優しい心を育むきっかけにもなることでしょう。

地産地消のメリット、デメリットを消費者が知ることで、生産者と消費者の距離が縮まって今以上にもっと浸透していってほしいものです。